歴史

レーシックの注意点ってなに?

レーシック手術に関して、注意をしなければならないのはどのようなことでしょうか。
レーシックの術前、術中、術後にわけて解説をします。
まずレーシック手術の術前で一番大切なことは、自分の体調を把握することと、信頼のおけるクリニックを探すことです。

自分の体調や心の調子が悪いときにレーシックの手術を受けるのは、できることなら避けたいですね。
レーシックをすればそのあとにはずっと視力が良いのですから、急ぐ必要はどこにもありません。
また、時間的なゆとりが十分にあるときに行うことがお勧めです。

なぜならば、術前術後にはしっかりとケアをする必要がありますし、レーシックについての知識をつける必要もあるからです。
信頼をおけるクリニックを探すことは、本当に大切です。
レーシックの技術が確立されてきているとはいえ、熟練された医師とそうでない医師では腕に大きな違いがあります。

また、知識や研究を蓄積してきたクリニックが、たいへん信頼のおける環境となっていることは想像がしやすいでしょう。
では、どのように信頼のおけるクリニックを探せば良いのでしょうか。
まずは、自分でしっかりと知識を持つようにしましょう。

その上で、複数のクリニックに出向き、話を聞いてみてください。
自分の持った知識の上で、どこが一番自分にあった、信頼ができるクリニックであるかを判断しましょう。
また、インターネットでの口コミも参考にできますし、実際にそこで施術を受けた人の話を聞いても良いでしょう。

また、レーシック手術を受ける直前は、裸眼状態で過ごしましょう。
レーシックの術中には、どのようなことに注意をするべきでしょうか。
術中は心を落ち着け、医師の言うことに従うようにしましょう。

ネガティブなことを考え始めると良い方向には向かいません。
医師を信頼し、ゆったりとした気持ちで臨みましょう。
レーシックの術後には、一週間は運転をしない、運動は二週間後にする、シャワーは当日からOKですが入浴は一週間後からにするなど、決められたことを安心のために守りましょう。
アフターケアや定期検診には必ず行きましょう。

Copyright(C) 2013 目の健康維持にもっとも欠かせない方法 All Rights Reserved.