歴史

レーシックと視力回復トレーニング

視力回復トレーニングさえすれば、レーシックは必要ないという話をどこかで聞いたことがある人もいるでしょう。
しかしその話に正しい根拠と結果からくる証明は付随していましたか?視力回復トレーニングでは、目の筋肉を鍛えるトレーニングがなされます。
眼で物を見る時に使われる筋肉のことを毛様体筋と言います。

この毛様体筋は、ものを見る時に水晶体の厚みを適切に調整し、それによって私たちはものをはっきりと見ることができるようになります。
毛様体筋を鍛えることで、その力を向上させ、ピントをうまく目が合わせられるように、視力回復を狙うのが視力回復トレーニングです。
具体的なやり方は、遠くと近くを交互に見るやり方があります。

また、遠くをじっと見つめる方法も有名です。
視力回復トレーニング用のメガネを見たことがある人もいるのではないでしょうか。
実は私自身も視力回復トレーニングを行う施設に通ったことがあります。

そこでは様々な視力回復トレーニングを試しました。
確かに、そのトレーニングを受けた日に少し視力が回復をした気がしました。
しかし結局数日がたてば元通りで、視力の悪化を食い止めることはできませんでした。

今考えると時間とお金の無駄にしかなりませんでした。
近視になってからしばらく時間がたってしまっている場合、視力回復トレーニングの効果は限定的です。
いくら視力回復トレーニングをして目の筋肉を鍛えても、そこで回復する視力には限界があります。

例えば視力が1.2の人が視力回復トレーニングに励み、視力が1.5に回復することは考えられますが、視力が0.2の人がいくら視力回復トレーニングをしても、視力が1.5に回復をすることは難しいでしょう。
レーシックをして、さらに状態を良くするために筋トレとして視力回復トレーニングするのは、とても効果的であると言えます。
その場合はしっかりと視力回復トレーニングをやる必要はありません。
少しの追加的なトレーニングでOKですし、レーシックで十分に視力が回復しているのであれば、もちろんやらなくても良いです。
http://www.asurante.jp/yokaxtuta.htmlにレーシックを受けてよかったことが載っているので、参考にしてみてください。

Copyright(C) 2013 目の健康維持にもっとも欠かせない方法 All Rights Reserved.