歴史

レーシック手術で視力回復

レーシックの手術では、本当に視力が回復するのでしょうか。
また、その場合どの程度視力が回復するのでしょうか。
簡単に言うと、よっぽど視力が低くない限り、視力1.5にまではレーシックは回復しやすいと言えます。

よっぽどというのがどれくらいか気になるところですが、0.1以下の人もレーシックで回復しています。
もともと視力が0.5有った人では、簡単に視力2.0にまで回復することが可能です。
視力0.03から視力2.0への回復に成功をした例もあります。

今から、レーシックで視力が回復した体験談を紹介します。
29歳のスポーツインストラクターDさんは、右眼の視力が0.3から1.5へ、左眼の視力は0.5から1.5にそれぞれ回復しました。
動体視力が上がったことで。

指導にも身が入るようになったと言います。
また激しい運動でコンタクトレンズが外れてしまうことがなくなったことにも喜ばれていました。
アパレル店員のFさんは、右眼の視力が0.2 から1.5へ、左眼の視力が0.6 から1.5へと回復しました。

Fさんはコンタクトレンズが苦手で眼鏡を着用していたため、見違えた自分の外見に驚いたそうです。
中学校教師のAさんは、右眼の視力が0.06から1.5へ、左眼の視力が0.03 から1.5へと回復を成功させました。
宿泊行事などでも楽になったとAさんは話します。

会社役員のHさんは、右眼の視力が0.2から 1.5へ、左眼の視力は0.09 から1.5へと回復をしました。
朝から気分が良いことで、インスピレーションも良いものが湧いてくるようになったそうです。
飲食店経営者のGさんは、右眼の視力が0.6 から1.5へ、左眼の視力が0.4から1.5へと回復をします。

忙しいGさんは、もうもとのコンタクトレンズと眼鏡を使用する生活には戻れないと言います。
専業主婦のSさんは、右眼1.0 だった視力が2.0へ、左眼0.7 だった視力が2.0へと回復をします。
子供の細かな表情も見逃すことがなくなって安心をされています。
大学院生のOさんは、右眼の視力を0.08から 2.0へ、左眼の視力を0.06 から1.5へと回復させました。

このように、たくさんの人が受けているレーシックですが、事前にレーシック手術の安全性を確認しておくようにしましょう。
そうすることで、安心して手術を受けられるようになり、後遺症などの被害にあいにくくなります。

Copyright(C) 2013 目の健康維持にもっとも欠かせない方法 All Rights Reserved.