歴史

知っておきたいレーシックの歴史

日本で厚生労働省の許可がおりたのは2000年です。
そこから、日本の医療機関でレーシックを受けることができるようになったので、日本におけるレーシックの歴史としては15年程度であると言えます。
2000年代からの日本の医術の進歩は凄まじく、例えば過去の15年とは、比べものにならないほどの発展が見られていることはご存知の方も多いでしょう。

2000年より以前から外国ではレーシックが行われていました。
レーシックの技術が開発されたのはアメリカです。
アメリカではすでに1980年代後半から視力の矯正としてレーシックが行われていました。

レーシックの手術技術自体は1800年代から存在していました。
実は、屈折矯正手術は、1869年から行われているのです。
1800年から、角膜に働きかけることで視力が回復させられないか、医師たちの間で議論が始まりました。

そして研究が重ねられました。
そして1980年代にアメリカで、高精度のレーザー技術によって角膜に働きかけ、視力を回復する手術の方法が確立されます。
その後もレーザー技術は発展し、現在のレーシック形式には1998年から移行しました。

しばらく時間をかけて安全性http://www.salmonfestival.net/9.htmlが確かめられた後に、日本で解禁がされたのです。
日本の医学会は慎重で、新しい技術の承認が遅いという批判もありますが、その分安心して私たちは承認された技術を利用することができるのです。
早くからレーシックが認識されているアメリカでは、毎年100万人以上の人がこの手術を受けて視力を回復させています。

対して日本では、毎年10万人ほどがレーシック手術を受けています。
アメリカの人口は約3.14億人です。
対して日本の人口は約1.28億人です。
アメリカの人口は日本の約2.5倍であるのに、レーシックを受けている人口は10倍以上となっています。
日本はアメリカの姿を追って成長してきたと言われていますが、普及に関してもまだまだ遅れをとっているといえるでしょう。

Copyright(C) 2013 目の健康維持にもっとも欠かせない方法 All Rights Reserved.