歴史

レーシックのメリットデメリット

レーシックのメリットとデメリットはそれぞれどのようになっているのでしょうか。
まずレーシックのメリットとして、高い視力の矯正効果が一番にあげられます。
裸眼で物がクリアに見ることができるのは、大変な感動です。

買い換える必要も、ケアをする必要も、昼寝の後に目が乾くことも、無くなるのです。
朝起きてメガネを探す煩わしさから解放されるのはとても良い気分です。
では、レーシックをすることによるデメリットにはどのようなものが有るのでしょうか。

レーシックにはたくさんのメリットがありますが、もちろんデメリットも存在します。
メリットとデメリットを自分の中でよく比較することが大切です。
まずデメリットとしてあげられるのは、18歳以上でないと施術ができないということです。
また、女性に人気のまつげパーマをしたままでも受けらるのでしょうか。詳しくはこちらhttp://with-life.jp/

眼が成長過程にある場合、状態も変化することが考えられます。
また年齢制限としては他にも、60から65歳くらいを上限にしているクリニックが多いです。
これは老眼の進行に配慮したものです。

次に、角膜の状態によっては施術できないことがあります。
向いていないと判断がされれば、施術をすることを止められることがあります。
視力回復への憧れを思い描いたのに施術ができなかったときには気持ちが落ち込んでしまいます。

また、レーシックの手術には健康保険が適用されません。
全て自費になります。
手術はある程度高額になることを覚悟しましょう。
ただし、例外もあるのでhttp://www.gomusiclyrics.com/hokenntekiyou.htmlで確認してみてください。

術後安定するまでに長い時間がかかるというデメリットもあります。
メガネやコンタクトレンズでも慣れるまでには時間がかかりますね。
メガネ、コンタクトほど歴史が無いので数十年の術後は不明であるというデメリットもあります。
レーシック手術とメガネ、コンタクトの比較こちらも是非ご覧ください。

しかしこれは最新の技術であれば仕方が無いことだとも言えます。
しばらくは定期検診を受ける必要があることをデメリットとする考え方もありますが、レーシックを受けなくても眼科に定期的に通うことが健康に繋がることに間違いはありません。
どの手術にも言えることだが、手術に100%安全はありません。
どんなに万全をつくしても、例えば被施術者の体調が悪かった場合など、何らかの不調が体にあらわれることが有るので注意をしましょう
レーシックプラン比較表こちらの記事も是非ご覧ください。

Copyright(C) 2013 目の健康維持にもっとも欠かせない方法 All Rights Reserved.