歴史

レーシック手術に必要な費用は?

レーシック手術をするのにはいくら必要となるのでしょうか。
安くて両眼八万円で施術をしているクリニックが存在します。
平均的には両眼で二十万円前後が多いです。

両眼五十万円までがボリュームゾーンでしょうか。
クリニックによって全く異なりますし、また同じクリニックの中でも、様々な料金・施術プランが存在します。
例えば大手A社はスタンダードなプランとして両眼で約九万円のプランを最安値で用意しています。

その次の段階の料金プランとしては両眼で約十五万円のプランが基本的なプランとして用意されています。
この二つは何が違うのかというと、保証期間と使用するマシンです。
また、両眼で九万円のプランでは年齢制限がより厳しく取られています。

その次のプランとしては両眼で約二十二万円のプランが存在します。
これが両眼十五万円のプランよりも保証期間が長く付けられています。
また、より使用に熟練の技を必要とする高度なマシンを使用しています。

丁寧に行われるのでより眼に負担がかからなくなっています。
さらに値段が上のプランもいくつか存在します。
これらは保証期間も長いですし、またより高度なマシンが使用されています。

さらに幅広い年齢にも対応することができます。
大手のB社では、一番スタンダードなプランとして両眼で約24万円からスタートしています。
より個人に合わせた細かな対応ができるプランでは、両眼で約28万円となっています。

このプランでは個人の角膜によってレーシック手術の方法を微妙に調整することができます。
さらに値段が上のプランになれば個人個人への対応度が違う、全くオーダーメイドのレーシックを受けることができます。
大手のC社では、一番ベーシックなプランとして両眼八万円のプランを用意しています。

その次の両眼で十八万円のプランでは、より重い近視にも対応が可能となっています。
次のレベルのプランでは二十八万円に設定されていて、そのプランでは眼の形状を正確に捉え、さらに適切な手術を受けることができるのです。
さらに上のプランでは、遠視や老眼、乱視にも対応するようになっています。
このようにレーシックには様々な料金プランとメニューの設定があるので、自分に合ったプランを選択しましょう。

Copyright(C) 2013 目の健康維持にもっとも欠かせない方法 All Rights Reserved.